治療例のご紹介 Remedial  List治療例のご紹介 Remedial  List

前歯部一歯欠損への対応(抜去歯応用ポンティック)

症例基本データ

患者:

50才 男性

初診:

1995/6/21

主訴:

前歯が2ヵ月ほど前からグラグラしていて、触ると痛みがある。


  • 初診時の口腔内所見。左上1番の動揺が著しく、食事ができない。
    (1995/6/21)

  • 抜歯時の口腔内所見。
    (1995/7/19)

  • 左上1番の抜去歯。この後歯根を切断し、ポンティックとしての形態を整える。
    (1995/7/19)

  • 右上1番の遠心傾斜のため、天然歯ポンティックが届かない。
    (1995/7/19)

  • 抜去歯にもブラケットを装着の上、遠心に傾斜している右上1番の整直。
    (1995/7/25)

  • 初診時のX線写真。左上1,2番の根尖部に及ぶ根周囲骨の吸収が著明であった。
    (1995/6/21)

  • 右上1番が整直され、本来の左上1番のスペースに戻った。ここで左上1番を接着した。
    (1995/9/1)

  • 術後5年3ヵ月の口腔内所見。天然歯を切削することなく審美性と機能を回復した。
    (1995/9/1)

  • 術後5年4ヵ月のX線写真。左上2番の根周囲骨の回復を通して生体の持つ治癒能力に驚きと感銘を覚えた。
    (2000/10/18)

治療方針

左上1番抜去歯の歯根を切断し、ポンティックとして応用することによって、右上1番と左上2番の2つの天然歯の切削を避ける。

症例のポイント

左上1番の抜去歯をポンティックとして応用し、審美的にも機能的にも満足が得られている。さらに健全な天然歯を切削せずに保存することは、患者さん固有の美しさやイメージを損なうことなく、何より生体への侵襲を必要最小限に抑えることができた。術後5年目の左上2番の周囲骨は予期した以上の回復が得られている。今までの削る補綴中心の歯科医療の在り方や今後の方向性に何らかの示唆を与えるものとしてとらえたい。

ページトップへ戻る
ページの先頭へ戻る