治療例のご紹介 Remedial  List治療例のご紹介 Remedial  List

非抜歯による破折歯根の接着保存法 ③[Non-Extracted Approach for Tooth Fracture ③]

症例基本データ

患者:

49才 男性

初診:

2018(H30)/7/20

主訴:

歯根破折で『抜くしかない』と言われている。他に方法がないか診てほしい。


  • 右下6番(6⏋)破折歯の初診時所見。頬側歯肉が腫れている。
    (2018/7/20)

  • X-ray所見にて歯根分岐部から根尖部に及ぶビマン性の骨吸収像を示す。
    (2018/7/20)

  • 矯正用Metal Bandを装着。患歯の離開を防ぐ。頬側歯肉にfistel(膿の出口)あり。
    (2018/7/23)

  • 頬側遠心側から舌側への破折線を確認。歯冠部から髄床底・歯根部に及ぶ完全破折。
    (2018/7/23)

  • 感染根管治療を開始。歯根長を測定。
    (2018/8/24)

  • 根管充填終了後、Metal core装着前に破折線を歯冠内よりv-cutする。
    (2018/10/6)

  • 破折部の歯冠内接着、及びMetal core装着後、歯冠形成・印象取得へ。
    (2018/12/28)

  • 5M後の口腔内所見。健康歯肉に改善された。「咀嚼に何の問題もありません」という。
    (2018/12/28)

  • 初診より1Y5M後のX-ray所見。6⏋周囲に新生骨の再生が認められる。
    (2018/7/20・2019/12/27)

治療方針

6⏋右下6番歯の歯冠・歯根完全破折歯である。『抜くしかない』との診断を受けているが、7⏋右下7を「半年前に抜歯しているので、もうこれ以上抜きたくない」という。他の同様な臨床例を提示し、治療手順・術後経過について説明し患歯保存についての理解を得た。

症例のポイント

・破折歯の保存の際は根管治療を先行させる。その際破折部の離開を防ぐための矯正用Metal Bandの装着が必須である。
・通例(他の症例と同様)により根管治療後、歯冠内で破折部を接着 補強した。
・初診時(2018.7.20)と1Y5M後(2019.12.27)のX-ray所見を比較すると、破折歯根周囲のビマン性の骨吸収像の改善 骨の再生が顕著である。
・5M後(2018.12.28)の口腔内所見では、歯肉に緊張があり 極めて健康に推移している。「咀嚼に何の問題もありません」とのコメントあり。

ページトップへ戻る
ページの先頭へ戻る