治療例のご紹介 Remedial  List治療例のご紹介 Remedial  List

矯正的歯根挺出法 ③ [Orthodontic Root Extrusion ③]

治療項目 奥歯の治療

症例テーマ 歯根挺出法

キーワード 歯の保存 歯根破折 挺出 抜かない治療

症例基本データ

患者:

31才 女性

初診:

2016(H29)/4/4

主訴:

右下7が割れている。『もう抜くしかない』と言われているが 抜かずに治す事は出来ませんか。


  • 初診時の所見。右下7番歯 近遠的に破折していた。
    (2016/4/4)

  • う蝕は骨縁下に及び、抜歯の適応症と思われる所見を示す。
    (2016/4/4)

  • 矯正的挺出法を応用し、右下5・6をアンカーとして挺出を試みる。
    (2016/5/2)

  • 矯正的挺出装置を口腔内に装着した所見を示す。
    (2016/5/2)

  • 右下は装置を装着してから1M後の所見。既に歯根が挺出されている。
    (2016/5/2・2016/6/2)

  • 矯正的挺出完了後、根周囲の歯肉を切除し歯冠長をそろえる。接着Metal core装着後の所見。
    (2016/7/21)

  • テンポラリークラウン(暫間被覆冠)を装着した。
    (2016/7/21)

  • 右下7番の最終補綴物を示す。骨植も堅固で「咀嚼に不自由はありません」との事。
    (2016/8/16)

  • 最終補綴終了後のX-ray所見を示す。歯根周囲の歯槽骨は極めて安定。
    (2016/8/16)

治療方針

・右下7番は歯肉縁下に及ぶ深いカリエスと近遠心根の破折を認め、教科書的には抜歯の適応症と思われます。
・この症例では破折した2根を矯正的に挺出させる事で、それぞれの歯根に接着Metal coreを装着し抜歯を避ける方針を説明。
・当院での他の同様な臨床例を提示し、「抜かずに治療出来ます」と伝えると、あふれんばかりの涙であった。

症例のポイント

・矯正的挺出法を応用するにしても極めて厳しい症例。
・しかしながらこの様な症例でも、歯根周囲に健全な歯根膜があれば 矯正的挺出に伴って歯槽骨が誘導されることから、挺出後も堅固な骨植が得られる。

ページトップへ戻る
ページの先頭へ戻る